ふつうがえらい/佐野洋子

最近専門書以外読むのはエッセイばかり。しかもゆるめの。ちょっと脳みそ疲れてる感じがする。恋愛小説とか読みたくないし。逃避中。いつまでやら。
佐野洋子といえばたぶん一番有名なのは「100万回生きたねこ」なのでしょうが、私はこの方の書く小説やエッセイが前から結構好き。この「ふつうがえらい」はかなりの短編ばかりを束ねたエッセイ集。短いし、ゆるいんだけど、読んでると、うぁー真実っ!などと思うことが多くて。感覚が合う感じです。
具体的感想は特にないので、ぱらぱらめくって思い浮かぶまま引用紹介でおしまい。

私の人に言えない恥ずかしいことの一つに「手紙書き」好きというのがある。

謎のままだから忘れられない。

私、わかりません。わかりませんけど、私「正義」というものが大嫌いです。それが、右でも左でも上でも下でも斜めでも嫌いです。

優しいって優柔不断と残酷の紙一重ってことがよくあるでしょ。

私は子供の時、「いっぱし」であると思っていた。

ふつうがえらい (新潮文庫)

ふつうがえらい (新潮文庫)