ガニメデの優しい巨人/ジェイムズ・P・ホーガン 訳:池央耿

asin:4488663028
年末に読んだ「星を継ぐもの」の続編なのですが。はまりました。ものすごく面白いです、このシリーズ。前作に引き続きヴィック・ハントを中心に物語が進むSF。
「星を継ぐもの」で判明した人類とルナリアンの謎は、やはりそれ以前のガニメアンと名付けられた木星の衛星ガニメデで発見された知的生命体と深い関わりがあったのですが、本巻ではいよいよ地球人と異星人との遭遇が実現するのですよ。巻頭に、そこから後ろの時系列と違う話を挿入しておいて、後で「これはつまりそうだったのか!」と思わせる持って行き方は前作と同じなのだけど、嬉しい驚きなのだよな。
SFちっくな未来世界の理論説明なんかそれなりに長いのだけど、飽きないぎりぎりの量で、わからないなりに理系心をくすぐってくれるし、何より異星人にすら感情移入出来てしまう話の流れがすごいなー。あと基本的にこの作者は性善説というか…安心して読める展開になっているのも好ましい。
これ書くとネタばれになりかねないけれど、あの通信に返事が帰ってくる…というラストで、震えそうに感動してしまいましたよ。